News Personality ProfileDiscographyConcertReikoLANDBlogTop

お別れの儀式。


昨夜、父の船を流しました。それは立派な、古式にのっとった船と行列でした。

出陣色には「長崎検番」のお姉様方が「送り三味線」で父を送って下さいました。

本来ならめでたい曲なのですが、父の大好きだったお姉様方が歌詞も手直ししてくださり、明るく送り出そうと言う音色を聞いていますと、父の笑顔が浮かんでは消え初めて人前で涙がこぼれました。

兄雅志は先達を務め、次兄繁理は行列の総指揮にあたりました。

母は途中まで見送りました。私達女性は船の後ろを着いて行きました。

船の全形は最後に送る場所で、初めて見ることが出来ました。

精霊流しは、残された者の為の祭りだと改めて思いました。

愛する人の死を「諦めきれない」或いは「信じたくない」者の為の別れの儀式なのです。

残された者は往った者が残したあらゆる物(心や絆や人)を引き継ぎ、恥じないように生きなければいけませんね。

でもひとところにいられない父は、少し彼岸に戻りましたが、きっとすぐ戻って愛する母、喜代子のそばにいると思います。

沢山の方々の御協力であんなに素晴らしい船が流せました。感謝致します。

本当に有り難うございましたm(__)m。

玲子
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

FC2Ad