FC2ブログ
News Personality ProfileDiscographyConcertReikoLANDBlogTop

お母さんお誕生日おめでとうございます(*^_^*)。


今日は母の誕生日です。御年ん年(笑)、いつまでも元気でいていただきたいと思います。
この写真は前回長崎にいたときにコロッケを作ってくれました。パン粉もおろしがねで作ります。お衣裳が地味なのは、私が貸したエプロンのせいです(^o^;。

今日は残念ながら一緒にいられないので、電話でおめでとうコールしました。母は「こんなに長生きして、誕生日なんて恥ずかしい」と申しておりましたので、「いやいやせめてあと10年は元気でいてもらわないと」と言うと「10年しかなかと?」と逆襲されました(笑)

そんな訳で母は元気です。私もしっかりしなくちゃと思います。お母さんお誕生日おめでとうございますm(__)m。本当に元気でいて欲しいと心から願います。

玲子
スポンサーサイト



抱擁(*^_^*)。


まさしさんが稲沢市の隣の一宮市でコンサートがあり、深夜の「生さだ」が岐阜の長良川
国際会議場「さらさ~ら」で行われれると聞き、コンサートが終わってかけつけました。

相変わらずのお便りの番組は、視聴者に教えていただける事が多いです。

気になったのは、盲導犬のお話。兄は盲導犬は気を使うから短命と思い込んでいたようでしたが、盲導犬は飼い主が喜んでくれる事を喜びとしますし、また、ハーネスを外せばお仕事がおわり、普通の飼い犬に早変わりし、飼い主の方は一緒に遊んであげる事も欠かしません。

お互いの信頼関係なのですね。また、盲導犬は8年程でリタイアしなければなりません。その後はゆっくり生活出来る場所に行ける様になっているといいます。盲導犬は人に仕えて可哀想と言う気持ちも分からないことはないのですが、盲導犬とそれに関わって来た人、かかわる人に対して「可哀想」は失礼な意見だと思います。

弁護する訳ではありませんが、兄は気い使いですから「自分が盲導犬の立場になったとしたら」と想像してそんな言い方をしたのだと思います。

盲導犬始め介助犬一般にも偏見は多く、私達はもっともっと障害を持つ人のお話を聞かなければいけないと思いました。

写真は久しぶりにお会いした小針師匠です。時々私の事を思い出してくださるそうで、有難い事です(^-^)。私もお元気そうな小針師匠にお会いして思わず抱擁の再会となりました。とても嬉しい夜でした(*^_^*)。

玲子

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-02 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries